見積

2009年09月02日

警備会社の警備システムの工事、取付

配線工事や電話工事など、比較的大きな工事が必要になる場合が多い。

警備装置の取付は、それぞれ警備会社指定の取付工事業者が請け負います。

警備会社の警備装置は、建物の壁や天井にしっかり固定する事が多いので、
壁や柱に大きな傷や穴が開ける場合が多い。
そのため、一般常識として、賃貸マンション、アパート、テナント物件に設置する場合は、事前に不動産管理会社や大家さんに許可をもらう必要があると思います。

なお、引っ越しや警備契約の解約の時に残る建物の傷(壁や天井の穴、配線を取り外した痕)の補修は契約者の責任となります。

※警備会社は建物への補修の責任は基本的に負いません。


セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較
セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。警備料金の経費削減、コスト削減に。


セコム、alsok

など警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。
セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。


keibihikaku at 13:42|Permalink

2009年07月21日

警備会社の警備システムの導入費用、買い取りセキュリティシステムとの比較

(質問)
自宅から離れた事務所の防犯システムを検討しています。
大手警備会社(セコム)に見積もりしてもらいましたが、機器は買い取りではなく5年レンタル契約でかなりの費用がかかり、自社のの場合、本当にそこまで必要なのか、正直迷っています。
同様の機能を持ったもので、適当な買い取り式の機械警備システムはありませんでしょうか?

【警備会社の機器の内訳】
1.警備装置本体
2.回線アダプタ(異常の際に警備会社に通報する機器1台
3.屋外のランプ−点滅のみ1台
4.磁石センサー(窓や扉の開け閉めの監視)2個
5.赤外線センサー(不審者の侵入を屋内で監視)5台
6.煙感知器(火災の監視)6台


−5年間の契約中の費用の総額(見積書から計算しました。)−

1.月々の警備料15000円×60ヶ月(5年契約)=90万円
※維持管理費、警備員の対応等も含まれます。
2.取付工事料などの初期費用 15万円
3.警備装置と警備会社を定期的に結ぶための電話料(見積書以外にかかる費用とのことです。) 
月平均2000円(前後?場合によっては3000円ほど)×60ヶ月=12万円
※これはNTTなど電話会社からの電話料の請求となります。上記はアナログ回線の場合。電話回線の種類によって変わるそうです。

以上の総計、 5年間の合計で約117万円ほど(消費税別)の費用が必要になります。途中で解約すると、残りの期間分の相当の金額の請求があるとのことでした。
アドバイスをお願いいたします。

○○○

ほぼ同様の機器構成を、買い取りのセキュリティシステムの機器で算定してみました。

1.警備装置本体1台
2.電話通報機 1台
3.屋外のランプ−点滅のみ1台
4.開閉センサー(窓や扉の開け閉めの監視)2個
5.赤外線センサー(不審者の侵入を屋内で監視)5個
6.煙感知器(火災の監視) 6個
7.無線式ON/OFF操作リモコン(警戒解除のモード変更用)1個


以上の機器構成の買い取り価格概算で約28万円(消費税別)となりました。 クレジットカードの分割支払いを使うと、月々のお支払い金額に設定することも可能です。

比較する際の注意点ですが、警備会社は警備員が駆けつけるサービスが付加された料金ですので、単純に比較しきれない点があります。

ご自分の場合、何を、どこまで、守らなければいけないのか?どこまでコストをかける事ができるのか?を十分に考えて、商品をお選びいただくことが大事です。
いきなり長期契約ではなく、一旦買い取り商品からスタートして、様子を見ながらステップを考える方法もあると思います。


セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較
セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。 警備料金の経費削減、コスト削減に。


keibihikaku at 20:40|Permalink
最新記事