セコム

2010年08月04日

セコムに車の悪戯対策を相談するとホームセキュリティをすすめられ契約しましたが、悪戯は止まりません。

※御相談をいただきました。


自宅の敷地に駐車してある車を傷つけられたりする悪戯に困っています。
石でひっかいたり、車に向かって石を投げたりしているようです。

セコムに相談したところ、家庭用ホームセキュリティと防犯カメラをすすめられ契約(初期費用で40万円ほど)しましたが、悪戯は止まらず、効果がありません。

カメラの死角をかいくぐって入ってきたり、離れた場所から石を投げたりしているようです。
どのようにすればいいでしょうか?


○○○


まず、警備会社の空き巣対策用(家屋内への侵入防止対策)のホームセキュリティを契約しても解決策にはならないと思います。

防犯カメラの死角をかいくぐって、という事ですが、かなり大きなカメラ(四角い雨避けフードに入っている銀行通用口についているような形状のカメラ)をご自宅の壁につけられたのではないでしょうか?
※お聞きしたところその通りでした。長さ約30センチほどの大型フードのものを家の周りに数台設置。


警備会社の商品は高額ですので、会社の名前やCMイメージだけで決めずに、
今、必要としている目的にマッチしたシステムを慎重に検討されることをおすすめします。



屋外用防犯カメラは、夜間でも映せる赤外線照射機能のついた小型のものをおすすめします。


小型の赤外線監視カメラ

機器価格で1台3万円程度、録画装置も4チャンネル用(カメラ4台分録画)で4万円前後です。



今回のような、屋外の悪戯防止対策の場合、
建物の外にいくつか赤外線センサーを配置し、
センサーが感知すると、建物の外で警報ブザーや回転灯などのランプ類を駆動させて、敷地に入り込んで不審者を威嚇する防犯システムの方が、目的に適していると思います。

なお、ホームセンターで売られているセンサーライトは、価格が安く普及がすすんでいるので泥棒や不審者に対する威嚇効果はほとんどありません。
センサー部分とブザーやランプが一体化している数百円の商品も、座布団を被せられたりしてすぐに妨害されてしまいます。店頭で目にすることができる商品ばかりですので、効果はほとんど無いと思った方がいいです。



赤外線センサー+少し離れた場所(屋外)でブザー音を発する独立した受信機
といった少し本格的なセキュリティシステムをおすすめします。

ご予算は、
1.赤外線センサー1個17000円
2.メイン装置3万円程度
3.屋外でブザー音を発するランプ1台18000円
程度で、ご自分で簡単に取付できます。



無線通報機能付き防水型屋外用赤外線センサー
無線通報機能付き防水型屋外用赤外線センサー

内蔵の赤外線センサーが感知すると無線で警報機本体に無線通報します。
防滴構造ですから屋外でもお使いいただけます。
電源は電池駆動です。配線工事は要りません。
電池は簡単に交換できます。



無線式フラッシュブザー
無線式フラッシュブザー

光と音で威嚇する無線式のフラッシュブザーです。
赤外線センサーが感知した時は、屋内の警報機本体からの無線による指示で点滅とブザー音を発します。
外にいる侵入者を威嚇、周囲の人に異常を報せます。
警報ブザー音:100db−強烈な音です。
屋外の手の届きにくいところ、軒下などに固定してください。
警報時間は3分間です。



無線式フラッシュブザー
無線式フラッシュブザー





おすすめ防犯システム!
BBeeホームセキュリティ
一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯、空き巣対策。BBeeホームセキュリティ、月々の管理費用の要らない本格派防犯システム


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!


keibihikaku at 01:00|Permalink

2010年07月03日

SECOM 異常発報テストの動画−セコムホームセキュリティ

keibihikaku at 08:07|Permalink

セコムホームセキュリティーの動画

keibihikaku at 08:05|Permalink

2009年07月22日

警備会社の契約をする際のポイント、注意点

警備会社のセキュリティは、異常の際は基本的には警備員が対応します。

警備員の人件費や監視費用がかかるので、初期設置工事費用などの他に月々の警備料が発生します。

機器はレンタルが一般的で、長期契約(5年契約など)が普通です。


また、警備員が点検のため住居に入る事があるため、
自宅の鍵を一組、警備会社に渡すのが基本です。


警備保障会社のサービスはどこも同じように見えますが、
詳しく契約書などを見ると各社サービス内容は様々です。

警備員の待機場所やその場所に待機している警備員の人数、管轄区域、管轄区域内の契約数、実際に被害に遭った時の保障内容など、十分に説明を聞きましょう。

 警備会社のサービス(機械警備)の機能、契約する際の選ぶポイント

セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較 セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。 警備料金の経費削減、コスト削減に。

セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。 
セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。

keibihikaku at 14:37|Permalink

2009年07月21日

セコムホームセキュリティの料金と導入費用

セコムホームセキュリティの5年間の契約コスト
一戸建て、4LDKのモデルプラン※建物の大きさにより費用は変わると思います。

セコムのホームページを参考にしました。
(2009年7月4日現在)


(既築の建物の場合)

レンタル契約の場合
月々の警備料金 9000円(消費税別)
工事料  74000円(消費税別)
保証金  2万円

9000円×60ヶ月=54万円
工事料 74000円
保証金 20000円

5年間の経費合計 634000円(消費税別)が最低限かかる計算となります。


買い取り契約の場合
月々の警備料金 4500円(消費税別)
買い取りシステム料金 440050円(消費税別)

4500円×60ヶ月=270000円
買い取りシステム料金 440050円

5年間の経費合計 710050円(消費税別)が最低限かかる計算となります。



(新築の建物の場合)

レンタル契約の場合 
月々の警備料金9000円(消費税別)
工事料  144000円(消費税別)
保証金  2万円

9000円×60ヶ月=54万円
工事料 144000円
保証金 20000円

5年間の経費合計 704000円(消費税別)が最低限かかる計算となります。


買い取り契約の場合
月額の警備料金 4500円(消費税別)
買い取りシステム料金 475050円(消費税別)

4500円×60ヶ月=270000円
買い取りシステム料金 475050円

5年間の経費合計 745050円(消費税別)が最低限かかる計算となります。


レンタル契約の場合、契約期間は当初5年間、以後1年ごとの自動更新。警備料金以外に管理用に別途の電話料金がかかります。

○○


ほぼ同様の機器構成を、買い取りのホームセキュリティシステムの機器で算定してみました。※一例


警報機本体   1台
ON/OFFリモコン 3個
開閉センサー 10個
火災センサー  2個
電話通報器   1台  

買い取り商品の価格 約15~17万円


クレジットカードの分割支払いを使うと月々のお支払い金額に設定することも可能です。


比較する際の注意点ですが、警備会社は警備員が駆けつけるサービスが付加された料金ですので単純に比較しきれない点があります。



ご自分の場合、何を、どこまで、守らなければいけないのか?
どこまでコストをかける事ができるのか?
を十分に考えて、商品をお選びいただくことが大事です。


いきなり長期契約ではなく、一旦買い取り商品からスタートして、様子を見ながらステップを考える方法もあると思います。


セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシス

テムと比較。 
セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。

keibihikaku at 13:59|Permalink
最新記事