2011年03月24日

24時間警備、バリケードも、震災乗じた窃盗対策―宮城

東日本大震災で、被災店舗を狙う窃盗が増え、宮城県内の企業や店が対策に乗り出している。24時間の警備を始めたり、バリケードを設置したりする店も。県警もパトロールを強化しているが、店主らは「自己防衛するしかない」と気を引き締める。

石巻市の家電量販店は19日から、警備会社に24時間の警戒を依頼。津波被害は及んでいないが、道路に面した大型ガラスが破損し、ブルーシートで覆っている。男性警備員は「夜中に店をうかがう不審者もうろついている」と不安な表情を見せた。

同市の複数の銀行支店では震災の翌週から、入り口や窓に鉄板のバリケードを設置した。担当者は「建物倒壊の二次被害を防ぐ目的だが、防犯や侵入者対策の意味もある」と説明。気仙沼市では被災した信用金庫の店舗金庫室から約4000万円が盗まれる事件が起きており、「金融機関としてあってはならない」と語った。


県警によると、震災後10日間の110番件数は平常時の2.6倍、店を荒らす窃盗は3倍に上っており、応援を含め約100人態勢でパトロールを強化している。
石巻市内ではヘルメットに警棒を携えた制服警察官が歩く姿も目立った。21日から応援に入ったという兵庫県警の警察官は「周辺のパトロールを頼まれている」と語り、ガラスの割れた店を見回っていた。

時事通信 3月24日

keibihikaku at 19:09|Permalink 事件 

2011年03月16日

富山県の現金輸送車の多額窃盗:死亡元従業員の警備員、書類送検

昨年11月、富山市で現金輸送車から現金2750万円が盗まれた事件で、県警捜査1課と富山中央署は15日、現金輸送を担当していた同市の警備会社ホクタテの元従業員の無職の男を、容疑者死亡のまま窃盗容疑で富山地検に書類送検した。男は先月上旬に死亡したが、県警は病死か自殺かについて公表していない。男に対する事情聴取はしていなかったという。男の実家からは現金約2600万円が発見された。

送検容疑は、昨年11月10日午前9時〜同9時50分頃、富山市堀川町のショッピングセンター「マイプラザ」の駐車場で、駐車中の現金輸送車から現金2750万円を盗んだ、としている。

県警によると、現場周辺の防犯ビデオには男が乗っていた車が映っており、家族には事件への関与を認める話をしていた。捜査本部でも容疑者として浮上していたという。

死亡の翌日、県警が男の実家を家宅捜索したところ、仏間の金属製の箱から現金約2600万円を発見。県警は男が単独で犯行に及んだとみている。

死因を明かさない理由については「個人のプライバシーにかかわるため」と説明。容疑者が死亡したことについては「コメントできない」としている。


警備会社社長
元従業員が2750万円の現金窃盗の疑いで書類送検されたのを受け、ホクタテの社長は同日、富山市中野新町1の本社で記者会見。「地域社会の信頼を大きく損なったことを心から反省し、再発防止と信頼回復に最大限の努力をしたい」と陳謝した。

男については「昨年秋に退職した」と明らかにしたものの、事件の起きた11月当時に社員だったかどうかについては「個人の特定につながる」として説明を拒んだ。


毎日新聞 3月16日

keibihikaku at 20:11|Permalink 事件 

2011年02月07日

「下着盗むと快感」元鍵屋の経験悪用、無職男逮捕

マンションの一室に侵入して衣服を盗んだとして、窃盗などの疑いで、東京都板橋区無職の容疑者を逮捕した。小遣い銭欲しさに空き巣をやったと供述している。

容疑者が昨年9月から板橋、豊島、練馬各区で、ドア内側に特殊工具を差し込み、施錠つまみを直接開けるサムターン回しで約50件、被害総額約150万円の窃盗を重ねたとみて捜査。女性の下着や身分証明書、はがきなどを盗むことがあったといい「下着を盗むと快感があった」とも供述している。


容疑者は都内のカギ修理業者に勤務経験があり、ドアを破る特殊工具を手作り。犯行の際は尾行を警戒し、川沿いの一本道など見通しの良い場所を電動自転車で移動していたという。

産経新聞 2月7日



keibihikaku at 22:45|Permalink 事件 

2011年01月24日

綜合警備保障(alsok)、社員2万人に借金状況など信用情報の提出要求 指摘を受け中止に

警備会社大手の綜合警備保障(東京)が、社員に対し金融機関からの借入額や返済状況を示す「信用情報」を提出するよう求めたが、関係機関から指摘を受けて中止していたことが24日分かった。

同社は、子会社を含む社員約2万人に、信用情報を管理する国指定の「日本信用情報機構」から自らのデータを取り寄せて、会社側に提出させることを決定。昨年12月中旬から全国の支社など約90カ所で説明会を開始。提出しなくても人事評価などには影響しないことなどを伝えたという。


銀行やカード会社などから提供された信用情報は、同機構など三つの機関が管理。データの提供は
(1)借り入れをしている本人からの請求
(2)返済能力を調べるための金融機関からの請求
―以外は認められていない。


年末年始に同社社員から数百件の開示請求を受けて不審に思った機構側が同社に「目的外の使用に当たる可能性がある」と指摘した。同社は1月中旬に説明会を中止し、提出された情報を社員に返還したという。

同社は取材に対し「現金輸送業務も手掛けており、経済的に破綻した社員が、顧客の現金を盗むなどのトラブルを事前に防止するためだった。
弁護士とも相談し、任意であれば問題ないと判断した」と説明している。



2011年1月24日スポニチ Sponichi Ann



keibihikaku at 19:35|Permalink 警備会社 | お店選び

2011年01月04日

不動産管理会社社員、アパートのマスターキーを余分に複製して部屋から下着泥棒

2010年11月、仙台市内のアパートに女性が帰宅し、玄関ドアを開けようとしたところ、室内からドアが押し開けられ男が姿を現した。男は逃げようとしてベランダから落下し、110番通報で駆けつけた宮城県警が身柄を確保した。男はそのまま救急車で病院に搬送されて入院後、逮捕された。逮捕された男は、大手不動産管理会社の社員だった。


男はアパートの保守点検を装って全部屋が開けられるマスターキーを所持、大手の不動産管理会社のジャンパーを着ていた。
男の自宅からは、盗品とみられる家電製品や数本の合鍵、約100枚の女性用下着が発見された。男は7年前から同じような手口で数十件繰り返した、と供述している。

犯行現場となったアパートは、約2年前に火災が発生し、大家が全部屋の鍵を交換することにした。これを担当したのが、不動産管理会社の社員だったこの男。

鍵業者にアパートのマスターキーを3本作らせて、2本を会社に渡したが、1本を手元に残したとみられる。



合鍵を使った犯罪は全国的に後を絶たない。
平成2年、静岡県浜松市のマンションで、女性(24)が全裸状態で殺害されているのが見つかった事件では、不動産管理会社幹部の男が会社に保管されていた合鍵を複製し、犯行に及んでいた。その後、十数人の女性が性的暴行の被害を届け出て、男の常習性も明らかになった。

産経新聞 1月2日


keibihikaku at 00:58|Permalink 事件 | お店選び

2010年12月11日

警備員の護身用具、業務の中でどこまで泥棒、強盗犯と対することができるのか?NO.2

セコムやalsok(綜合警備保障)など、契約先に設置した防犯センサーが作動したときに警備員を急行される機械警備システム。
あくまで民間会社の社員である警備員の護身具は、どのようになっているのでしょうか?こちらもWikipediaから抜粋してみたいと思います。


以下

国家公安委員会の定めた基準に基づく都道府県公安委員会規則では
催涙スプレー・スタンガン等の携帯は認められていない。

また、護身用具の携帯は「禁止の例外」であって「特別に許可されている」ものではないことに注意が必要である。

さらには、護身用具の携帯自体も都道府県公安委員会規則により
警備業務の種類や時間帯等によっては禁止や制限がされている場合がある。


護身用具に関しては、
下記の警戒棒・警戒杖・非金属製の楯以外にも防護ベストを着用している例も多い。
この件に関係する問題として、賊や強盗等による警備員の受傷事故や死亡事故、死亡事件も現実に発生している。

引用 Wikipedia:ウィキペディア

以上


公務員の警察官と違い、警備員はあくまで一般のサラリーマンで、身の危険に対して特別な補償もありません。

緊急出動で現場に急行し、泥棒や強盗犯と相対して取っ組み合いとなり、大怪我をすると、当然、警備員自身が仕事ができなくなり、場合によっては失職する事もあるかもしれません。
この点については、当の警備員自身が一番よくわかっている事だと思います。


警備員の護身具の充実や、夜間配置の警備員の人数を増やすなど、
内容の充実が望まれます。


セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較
セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。
警備料金の経費削減、コスト削減に。



セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシス<br>
<br>
テムと比較。 <br>
セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。



keibihikaku at 12:42|Permalink セコム | 警備会社

警備員の権限、業務の中でどこまで泥棒、強盗犯と対することができるのか?NO.1

セコムやalsok(綜合警備保障)などの契約先で泥棒などの侵入があり、
警備員が現場に駆けつけて賊と相対した場合に、どの程度までの対応が警備員に可能なのか?警備業法の規定(引用Wikipedia)から抜粋してみたいと思います。


以下

警備業法第15条には以下のような規定がある。

(警備業務実施の基本原則)

第15条 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、
この法律により特別に権限を与えられているものでないことに留意するとともに、
他人の権利及び自由を侵害し、又は個人若しくは団体の正当な活動に干渉してはならない。

つまり、警備員はその業務を行なうにあたってなんら特別な権限を有しているものではないのである、とわざわざ明記しているところに特徴がある。


例えば、実務ではこのような制限がある。

犯罪者の逮捕は現行犯逮捕の場合のみが許されるだけであり、取調べの権限はない。
もしも取調べ行為を行えば、警備員が逮捕罪や監禁罪に問われる可能性がある。

万引き犯人を現行犯逮捕した場合は速やかに警察に引き渡す義務が生じる。

労働争議やデモ活動の参加者に対し、顧客の権益が侵害されるとして手を上げた場合は暴行罪、相手を負傷させた場合は傷害罪に問われる可能性がある。
出来るのは隊伍を組んで押し返す事だけである。


引用 Wikipedia:ウィキペディア


セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較
セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。
警備料金の経費削減、コスト削減に。



セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシス<br>
<br>
テムと比較。 <br>
セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。




keibihikaku at 12:20|Permalink セコム | 警備会社

2010年11月12日

現金輸送車2700万円被害、ATM作業中、袋盗まれる、富山

10日、富山市萩原の警備会社から、ショッピングセンター駐車場で現金輸送車から約2700万円入りの袋がなくなった、と富山中央署に通報があった。多額窃盗事件として捜査を始めた。

同日午前、複数の警備員がワンボックスタイプの輸送車の後部席に現金袋を積み込んで出発。ショッピングセンターで警備員たちがATM(現金自動受払機)に現金を補充し車に戻ったところ、袋が足りないことに気づいた。会社に積み残しもなかったことから盗難と判断した。

ATMに現金を補充中、車が無人になる時間帯があったといい、県警は駐車場で盗まれたとみて調べている。

毎日新聞 11月12日

keibihikaku at 19:28|Permalink 事件 | 警備会社
最新記事